LIVING&DESIGNに行ってきた

1316225586839.jpg
昨日、南港はインテックス大阪で開催されているLIVING&DESIGNにいってきました。
テーマは「リノベーション
これは私的には外せませんよねーと言うことで(笑)
昨年に比べて大手メーカーの出展が少なく、デザインというテーマでハードルを上げている感じがしました。
デザインという言葉の捉え方は多様ですが、自分が思うデザインという視点で見て回ると意外に気づきが少ない展示が多いのも面白いというか、残念というか。
主たる目的は講演、セミナーです。
一発目は建築家谷尻誠氏、テーマ【relation】
日常に転がる何気ない事柄を「見方を変える」という手法でアイデアにし、建築に昇華させる腕力は凄いなぁと思いました。
従来型でない建築家像が新鮮で彼の最大の魅力なのかなと思いました。
話し方のレベルの持って行き方や、そこから伝わる建築に対する情熱なんかは、あの安藤忠雄氏の「小さめの」講演会の雰囲気によく似てるなぁと思いながら聞いてました。
とりはコシノヒロコ氏と喜多俊之氏の対談。
これはもう一流プレーヤーのジャムセッション!
凄く核心的な話をしてると思えば、何を話してるのか…?、超雰囲気的と思えば超具体的。この落としどころなく、事前打合せしてない感じが面白く、逆に彼らの一流のパワー、凄さを感じました。
何かを伝えるというより、何か内部で浮き上がらせてくれる、そんな講演会でしたね。
テーマ決めずに「一流デザイナーのトークセッション!はたしてどうなるか!?」なんて見出しにしたほうがもっと入りがよかったんじゃないかな…残念。
何はともあれ降参です〜( ´ ▽ ` )ノ
最後は一緒に行った友人と熱~く語ったのは言うまでもありませんねぇf^_^;)