野郷原の家

自宅横の敷地を隣り合う者同士で分け合って購入した約15坪程度の小さな敷地。そこにクライアントの趣味である自転車、料理、ワイン、音楽、そして集いのためのサロン的空間を求められました。切り分けられた土地のポテンシャルを引き出すため構造体にSE構法を採用し、間口3.5m×奥行き8.5mのフットプリントを最大限に確保し、その中央に配置した吹抜けを巡る階段とスキップフロアをもつ空間構成としました。床のレベル差と構造上現れる耐力壁によってゾーニングすることで、一体感や開放感を損なうことなく空間をやわらかく分節しています。例えるなら「階段室」のような空間構成で、それぞれ機能を持つ床は「踊り場」といったところでしょうか。内部は杉や構造用合板、フレキシブルボード、ステンレス、モルタルなど表面と内部が同じもので出来ている「素」の材料を用いることで、この住宅の骨格自体が空間構成となっていることを損なわないようにするのと同時に経年変化によって味わいが増すような仕上げを選定しました。単純な形を持つ開口部は必要性に応じて大きさと形式、そして配置が決められ、ガラスの種類やケースメントによって外部との関係をコントロールしています。

s-ued-5101-1 - コピー.jpgs-ued-5101-1 - コピー.jpg

外観

s-ued-5436-1.jpgs-ued-5436-1.jpg

音楽を楽しむ居間。ソファーはアルフレックスマレンコ

s-ued-5222-1.jpgs-ued-5222-1.jpg

ダイニングキッチン

s-ued-5123-1.jpgバイクガレージ夜景
s-ued-5192-1.jpg吹抜けと階段
s-ued-5291-1.jpgスキップするフロア
s-ued-5460-1.jpgスキップするフロア
s-ued-5301-1.jpg寝室より

計画概要:重量木骨 SE構法の新築住宅
建築場所:滋賀県大津市
建築予算:約1500万
延床面積:約20坪(工事面積:同じ)
写真撮影:平野和司

セッテン・ロゴ.jpg

トップページへトップページへ
プロフィールへプロフィールへ
設計の考え方へ設計の考え方へ
進め方と費用へ進め方と費用へ
お施主様の声へお施主様の声へ
物件実績紹介へ物件実績紹介へ
お問い合わせへお問い合わせへ
お問い合わせへお問い合わせへ

FACEBOOK

Facebookページでは、いち早く情報をお伝えしています。