【ひとり言】なんというか、猫ってね…

猫派か犬派かという問いがよく投げかけられますが、

私はどちらかというと猫派ですと答えます。

まあ、言ってしまえば、どちらも可愛いわけで、

どちらにもその可愛さ魅力が色々とあるわけです。

いわゆる「ツボ」とでも言いましょうか?

私の場合はその「ツボ」が猫の方に多いわけで、

ついつい猫ちゃんの方にフラフラといってしまいます。

この両手を揃えてちょこんと座っている様子

この「両手」がなんとも言えず愛しい。

それから、興味と不安が入り混じった視線。

あなた、私の味方なの?

そんな感じで見つめて、近寄らない。

初対面のそこらあたりの距離感が好きです。

まあ、色んな猫がいて、色んな性格があるのは

人間と同じなんですが、姿カタチは猫ですから

仕草や視線や振る舞い方などは人とは違う魅力だらけ。

猫、好きやわ…。

こういう、Catsのジュディディンチみたいな猫もいますが、

それはそれで、こちらが言うことを聞いてしまいそうな風格。

何も言われてないけど「はい!」って返事してしまいそう。

何を言っているのだ、私は。

「入浴中なのよ」と叱られて「すみません」と応える私を妄想