独立する管理職の気持ち

私は一応現在の仕事で「管理職」といわれるポストにいます。
当然「部下」がいてその「部下」には年下もいれば年上もいます。
仕事には当然の事ながら「数字」で表れる成績というものがあります。
私はその「数字」を部下に求めていく立場であり、自分も求められる立場です。
会社の中での一つの「家族」としての彼らとの関係の中に、仕事を通じての様々な絆や情というものが芽生えない人はいないでしょう。
私は会社での「家族」に自分の「独立」という目標を言わずして彼らに「数字という成果」を求めています。
「この先自分は会社を辞め、独立する」という事実を伝えず共に仕事をしていくことに自ら矛盾を感じています。
こういった事も「独立」をするということにかせたれた試練なのだろうなと痛感しています。
自分の人生を自分で切り開くことが、今ある自分と周りの人々への背任行為だと思いたくは無いけれど、どこか後ろめたいのは「管理職」としての仕事人としてでなく、仕事を通じての様々な絆や情という「仲間意識」と言うものからくるのでしょうか。

近いうち、私の部下たちに「独立宣言」する時が来ます。

皆はその時私を理解してくれるのでしょうか...