夢?それとも目標?

平成19年。

2007年。

とにかく今年は私にとって変革の年になります。

「建築」に携わり18年。以来私には夢があります。

自ら「独立」し建築の設計を「生業」とすること。

その夢を実現させる為、常にその目標を意識して努力してきました。

この「極寒の時代」、あえてその夢を現実にすることを決意しました。

ラジオである女性モデルが言ってたことを思い出します。

「あなたの夢は何ですか?」と問われ

「”夢”は遠い先のはかない思いのような感じがします。だからあえて”目標"を答えます」と言っていました。

私も「夢」を「目標」と言うことにします。

人生にとって重要な目標到達までの心の動きを、消えることの無い言葉として書き留めておく為、ここに最初の筆を下ろします。