【家づくり】二件の家庭訪問

二月も終わりますね。

毎年毎年早く感じます。

家と共に歩む家族の姿が素敵でした

さて、そんな二月、

二件の家庭訪問させて頂きました。

一件はA-styleという会誌の取材。

もう一件は施主さんをお連れしての見学。

家庭訪問という表現を使ったのは

完成してからのご家族の暮らしぶりを

まさに訪問して感じさせてもらうから。

訪問した目的は別にあるんですが、

わたしの気持ちとしてはそんな感じ。

ーー

最近特に思うのですが、

家づくりをお手伝いさせて頂いた家で

楽しそうに、幸せそうに、穏やかに

いろんないい空気感で

お住まいになられている様子を見ると

ほんと「ああ、よかったなぁ…」と

しみじみ感じます。

いろんなやりがいはあるのですが、

完成してからの「その後の暮らしぶり」が

クライアントにとって満足できる生活を送る事ができる家を

設計できる事が一番だなぁ…と思います。

家庭訪問して、クライアントから

直接暮らしのエピソードをお聞かせ頂くと

なんだかじんわりと喜びが湧き上がってきます。

家での穏やかな時間がご夫婦から感じられます

ーー

三月には一件、四月には二件家庭訪問させて頂く予定です。

それまでにいろんな事が落ち着いていますように。