【ひとり言】地震、豪雨、台風、地震・・・

この災害の連鎖はどう考えればいいのでしょうか。

地震、豪雨、台風、そして地震。

被災地の傷が癒えぬ間に次々と災害が起こる。

起こってはしくない災害だけど、何かを暗示しているような、

地球が人間に何かメッセージを送っているような・・・。

自然災害であれば責めようもないという状況で、

被災した人も、そうでないひとも

いったい何ができるのかと自問自答しながら日々を過ごしていくことになる。

ーー

被災地で被災しなかった者としてこの豪雨災害を経験して

はじめて感じたり、解かったりしたこともあるけれど

やはり、なんで自然は無作為にこんな状況を人間に与えるのか。

ーー

メディア情報で人との距離が近くなった分、状況はいち早くわかるけど

被災地での、小さなリアルの一つ一つは解からない、解かるはずもない。

心配して、心配されて、互いを思っているけれど、なにをどうすべきか正解がない。

ーー

ただ、被災地の方々は切ないほど元気出してがんばっているはずです。

ただただ、いち早く日常を取り戻せるよう祈っています。