もろもろのこと。

週末の打合せすべて完了してきました。

西日本寒波の襲来にもかかわらず、交通の大きなトラブルもなく順調に進めていくことができました。

ーーーーー

名古屋の新築住宅は工務店からの工事見積提示を終え、

調整レベルの修正はあるものの、次へのステップへ進んでいけそうです。

やっぱり工事金額を提示する時は緊張しますね。

ーーーーー

生駒の住宅全面リフォームは現場での施主打合せ。

コンセントやスイッチの実際の位置の確認をしていきました。

工事中ではありますが、実際の空間に身をおいて、

家具や家電の配置をイメージしながら進めていくことで

より使いやすく機能的になっていくと思います。

それすなわち、クライアントの考えが家に反映でき、

愛着も増すと言うものです。

仕上げの決定も終えて、あとは順調に工事を進めてもらうことを願います。

ーーーーー

東大阪の住宅の大規模リフォームは工事内容の修正に伴う工事金額の確認。

内容、金額共に決定し、いよいよ着工します。

住みながら工事という難しい内容に、

クライアント、施工者ともにトライしてもらうことになりますが、

約3ヶ月の工期中を互いにホスピタリティーをもって

過酷な?状況を楽しんでいただきたいです(笑

とにかくコミュニケーションを大切に進めて行きましょうね。

ーーーーー

天理市の古民家大規模改修。

一部解体が完了して現場を見ながら身振り手振りで設計内容を確認。

クライアントにしか解らない、現場のエピソードや歴史にそって

工事内容の見直しや修正をしていきます。

工事の物理的な見直しという観点もありますが、

「思い」の見直しも大切な要素の一つ。

あるいみリフォームにはもっとも大切な要素かもしれませんね。

おすすめする「粋」な材料も確認してもらい、

いい感じになっていきそうです!

ーーーーー

岸和田の新築住宅。

基本設計の修正プランのプレゼンテーション。

うかがった要望をきっちりとまとめ、

基本を押さえ、プラスアルファの提案を盛り込んだプランを、

クライアントに気にいってもらえるか。

ほんとこの瞬間はとても緊張します。

結果は良好!喜んでいただけました!!(ほんと一安心)

設計の進め方を共有して、次に進んでいきます。

ーーーーー

藤井寺の古民家改修。

リフォームカウンセリングでした。

古い建物を活かして住み続けていくのか、

あるいは建て替えていくのか、

それとも別の地に住むのか・・・。

「家」を形作る選択肢は片手でそろいますが、

そこに潜むヒトやモノへの「思い」や「愛着」を

どう整理して、共に暮らす家族で共有できるか。

そこがとても大切だと思います。

家族間でゆっくりじっくり話し合って、

この先長く住む家について最高ができるよう願っています。

ーーーーー

とにかく、「家」といえどもたくさんのカタチがあります。

その家に「暮らし」や「思い」を込めるべくお手伝いしていきたいと思います。

さて、今日は山口は光市で新築住宅の打合せ、わくわくしてもらいましょう!