【ひとり言】意外と生活にリズムを与えていたんだなと…

今年は梅雨に入ってから意外と朝晩が涼しく快適だなと思っておりましたが、

やっぱりちゃんと不快指数高めの日がちゃんとやってまいりますね。

子供の学校などでは冷房を効かせつつも窓を全開にして授業しているとか。

コロナの影響でなかなか過酷な環境で勉強をしているようです。

なので、私もなるべくエアコンをつけずに仕事しようと思ってはいるのですが、

ほぼ無断熱のわが事務所では午後から大変な熱量なのでついついと・・・。

ーー

さて、プロ野球が始まりました。

開幕するまではそんなに意識していませんでしたが

プロ野球は意外に生活にリズムを与えていたんだなと感じています。

というのも、テレビであれ、ラジオであれ、ネットであれ

観戦していれば一球一球一打一打が気になりますし、

観戦できない時は試合の結果、さらには内容が気になります。

気になって、調べたり、人に聞いたりと

そこで、ひとつのコミュニケーションがあって

小さく身近な「私のエンタメ」が行われていて

日々の暮らしの中に溶け込んでいたんだなと、改めて実感しております。

とくに、ここ広島では野球の話は挨拶のようなものですから。

ーー

プロ野球に限らず、様々なエンターテイメントが十分に行われていない中

じつはいつのまにか○○ロスに落ちていて、なんだか刺激のない毎日を送っておられる方もたくさんおられることでしょう。

普段は意識しなくとも、生活のリズムとして傍にあったいろんなエンターテイメントが

私達の癒しや楽しみとして戻ってきてくれるように願うばかりです。

ーー

個人的にカープ#7堂林選手の活躍がとても嬉しい今シーズン。

これはホントのひとり言ということで。