【ひとり言】スーパームーンにもらったもの

昨日はスーパームーンだったようです。

だったようですねと言うのも、

今日そういう情報を知ったからです。

ーー

今の住まいは古い木造住宅で、

和室に障子、縁側といった、今で言えば昔の間取りです。

そういえば昨夜、床に就く前に消灯したら

障子越しに外がやけに明るいなと思いました。

ーー

月明かりがないときは電気を消せば真っ暗。

月明かりのあるときは電気を消してもほんのり明るい。

今はそんな環境にいます。(ど田舎ってこてでもないです)

障子越しに、つきの明かりや朝起きた時の天気など感じ

四季折々の虫や動物の声を聞いて暮らすのもいいなと感じるのも

かなりの間、街中のマンション暮らしという環境があったからかな。

ずっとこの環境にいたらどうだったのかな?なんて思ったり。

せっかくだからこういう普通のありがたさを普通に気づき

ちょっとした喜びを感じることのできる人になって欲しいなと

子供の寝顔を見ながら思ったきのうの夜でした。

ーー

今日はとても寒い朝でした。

長女は部活で一番早く出かけて行きます。

「いってきまーす」と玄関を開けたとき

「わぁ、月がおっきくてきれいよー」と言い残し登校しました。

今朝、スーパームーンがくれた小さな喜びでした。

ーーーーー

家の外皮性能がどんどんと良くなり、家の中が暖かくなっていく反面、

さまざまな外部環境とのコミュニケーションが少なくなっていくなか、

家の中にあたりまえにある「おそと」とエピソードが転がり込んできて

心の中も暖かくなるような、そんな家がつくっていきたいなぁと思っています。